2011年3月アーカイブ

ニューロネット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 前川博文 http://www.neuronet.co.jp)は、東北関東大震災被災者支援、被災企業支援ならびに、計画停電交通制限に伴う業務支障企業へ映像・音声Web会議SaasBoardを無償提供。

[A] 東北関東大震災の影響を受けられた方々へ
 
一昨日3月11日に発生しました、東北地方太平洋沖地震で、お亡くなりになられた方へ哀悼の意を表すると伴に、震災の被害に会われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

この震災で電話による通信状況が悪化しており、ご家族知人の方々の安否確認、業務および社員間コミュニケーションに支障が出ています。
この状況に映像・音声Web会議SaasBoardをお役立ていただきたく、避難所や支援団体等で安否確認の労をとられていらっしゃる方々、また被災地に本社もしくは支店(営業所)等をもつ方々に、Web会議『SaasBoard』を無償にて一定期間ご提供いたします。

[B] 計画停電交通制限に伴う出社、会議、業務等支障が発生している会社の方々へ

計画停電交通制限に伴い、会社への出社退社、会議の集散、その他業務に支障が発生しています。この状況を少しでも緩和するために、「移動をせずに業務が行なえる」SaasBoardを無償にて一定期間ご提供いたします。

【1】お申し込み要領
件名に下記を記載し、【2】の項目を記載したメールを、 info2@neuronet.co.jp までお送りください。
件名:  『東北関東大震災被災者および計画停電業務支障企業向けWeb会議SaasBoard無償提供の件』
お申込期限:2011年3月31日
無償提供期間: 2011年4月末日
 
【2】記入項目
●申込者 ( [A] [B] 両者とも記載必須 )
(1)企業名(団体名)=
(2)住所=
(3)電話番号=
(4)申込者部署=
(5)申込者職位=
(6)申込者名=
(7)申込者mail=
●被災拠点 ( [A] の方々のみ記載必須 )
(8)被災拠点住所=
(9)被災拠点電話番号=
(10)被災拠点責任者名=
(11)被災拠点責任者mail=

※ SaasBoardは複数拠点映像音声双方向通信をモバイルカードレベルの通信帯域で実現していますので、
  有線インターネットの無い避難所、災害でLANの使えない事務所でも、十分ご利用いただけます。

◆ ニューロネット株式会社、代表取締役 前川博文、2002 年4月設立、資本金1千万円
◆ 東京都渋谷区神宮前4-1-24、オフィスイワタ第1ビル2F
◆ 03(3202)2992 http://www.neuronet.co.jp

新世代低価格Web会議/WebコラボレーションSaasBoardは、内閣府・経済産業省・総務省・財務省・文部科学省・国土交通省で編成される「情報化月間推進会議」より、情報化月間推進会議議長表彰を授与されました。
東京都中小企業振興公社の事業性評価事業認定、ニューマーケット販路開拓支援事業認定を受けています。
 
img_saasboard_3functions.png

Web会議/ Webコラボレーション/テレビ会議をSaaS・ASPで提供しているニューロネット株式会社(東京都渋谷区、前川博文社長、03-3202-2992 http://www.neuronet.co.jp )は、業界で初めてHTML5を搭載したWeb会議SaasBoard Ver3.0を3月1日にリリースした。

 

     ...HTML5とは何なのか?「簡単に言うと、HTML5技術は、パソコン向けのウェブという領域を超え、スマートフォン、テレビなど、コンピュータという枠を超えて利用できる可能性が出てきたという事です。つまり、パソコンだけでなく、スマートフォンやテレビもHTML5を搭載することで、相互につながる可能性が出てきます。ニューロネットのSaasBoardWeb会議としてこのHTML5を搭載することで、Web会議をパソコン間同士だけではなく、スマートフォンやテレビ同士、そしてパソコンとスマートフォン間、スマートフォンとテレビ間での利用の可能性を搭載したと言うことです。」と前川社長は語る。

     ...では、HTML5を搭載したWeb会議は、利用者にどのようなメリットをもたらすのか?「HTML5 時代のリアルタイム共有型ホワイトボード技術であるWebボードを用いることにより、会議における知識創造が加速します。Webボードには文字や手描きの絵、図形を描き込めるほか、ハイパーリンクや写真、映像・音声データ、YouTubeGoogleマップなどのHTML埋め込みコードを貼り付けることが出来るため、Web上のあらゆる情報を駆使した議論が可能です。遠隔拠点からの書き込みも即座に反映されるため、コミュニケーションは円滑、作成した議事録はiPhoneiPadAndroidなどHTML5対応の幅広い環境で閲覧することができます。」という。(ニューロネット社執行役員最高技術責任者久保田秀和博士)

     ...「Web会議という枠組みの中でHTML5を活用しているサービスは未だ出てきていません。HTML5では、動画や音声を始め、いろいろなオブジェクトを取り込み表示することが出来るようになります。また、iPhoneiPadAndroidなどのモバイル系端末、GoogleTV、スマートテレビ等をはじめ、これからでてくるであろういろいろな利用環境に対応することが出来ます。このように当社は利用者環境を選ばないWeb会議の仕組みづくりを進めていきます。」と、前川社長は語る。

     ...SaasBoard Ver3.0ID型と呼ばれるCollaboコースと会議室型のRoomコースが提供されており、それぞれ、フル機能を使えるレギュラーコースとコストパフォーマンスの良いライトコースを選択できる。Collaboコースレギュラーが1ID月額4,980円、ライトコースが1ID月額2,980円。Roomコースは接続席数により同時6接続のRoom6から同時100接続のRoom100まであり、レギュラーRoomコースで概算月額1接続3,000円~4,000円、ライトコース概算月額1接続1,500円~1,700円。全コース固定月額利用料のみで、初期費用などの追加費用は無い。詳しくはニューロネット社ホームページに記載。

     経費削減や時間の有効活用を通した生産性向上、危機管理などを検討する企業へ展開を推進しているが、HTML5を搭載したSaasBoard Ver3.0はビジネス向けだけではなく、学生や広く一般に向けたBtoC市場向けのコミュニケーションプラットホームとして、販売を展開してゆくという。

 

     ニューロネット株式会社、代表取締役 前川博文、2002年4月設立、資本金1千万円

     東京都渋谷区神宮前4-1-24、オフィスイワタ第1ビル2F

     03(3202)2992  http://www.neuronet.co.jp

 

新世代無料・低価格Web会議/WebコラボレーションSaasBoardは、経済産業省・内閣府・総務省・財務省・文部科学省・国土交通省で編成される「情報化月間推進会議」より、情報化月間推進会議議長表彰を授与。

 



このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。