展示会の最近のブログ記事

【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】


2014年10月にリリースしたビデオコンタクトセンター 『Moshi Moshi Interactive(もしもしインタラクティブ)』 は、お客様がホームページ上でバックヤードにいある店舗スタッフ(あるいはコンタクトセンターに控える相談員)と顔を見ながら双方向でリアルタイムに会話をすることができる、画期的な次世代型ICTクラウドサービスです。


でも、ここで一つ疑問が浮かびます。


- 映像チャット(ビデオチャット)、音声チャット(ヴォイスチャット)、文字チャット(テキストチャット)、資料共有機能を使って、顔をみながら双方向でリアルタイムに会話ができるのって、巷でよく使われているビデオチャットWeb会議システムと同じではないの?-





- 一般的なビデオチャットやWeb会議システムの一例 -



上記のように思われる方もいらっしゃると思いますが、答えは「NO」です。


一般的な顔が見える『ビデオチャット』とニューロネット株式会社がリリースした顔が見えるコールセンターサービス『Moshi Moshi Interactive』とは似ているようで、決定的に違う大きなポイントがあります。


<ビデオチャットとCTIシステムで決定的に違う、象徴的なポイント>

~その1~
"ビデオチャットにはACD(Automatic Call Distribution / 自動着信呼分配装置)機能がない"

あるショップや企業のホームページを訪れて閲覧される方は何百、何千、何万、何十万といらっしゃいます。その方々の中から実際にお問い合わせをする際に、その何十、何百というお問い合わせコールに対して、バックヤードで応対する相談員(エージェント)の空席状況スキル・能力などの属性に合わせて最適なエージェントに振り分けてコールを繋ぐ仕組みが必要になってきます。一般的なビデオチャットにはそのような機能はついておりません。

~その2~
"ビデオチャットはIDを知らなければ繋がらない"

一般的なビデオチャットはIDを持った者同士が使用できるコミュニケーションサービスです。コミュニケーションをするためには、まず、そのコミュニケーションをする相手方のIDを知らないといけません。ホームページから商品やサービスについてお問い合わせる際は、代表番号にかけるのが通常です。初めて訪れたホームページの中でそのショップや企業のバックヤードに控える相談員(エージェント)のIDを知り得ることはできませんので、理論上、お客様が相談員と直接コンタクトを取ることはできないのです。

~その3~
"ビデオチャットはモニタリング機能がない"

複数のお問い合わせに応対する相談員を要するコンタクトセンターの場合、お客様と相談員(エージェント)が問題なく適切に接客応対されているかを、第三者である管理者(マネージャー)が監視するモニタリング機能が必須となります。何かトラブルがあった場合、その相談員(エージェント)に対して対処法をアドバイスするツール(テキストチャットなど)も必要となりますが、ビデオチャットにはこれらの機能を有しておりません。

~その4~
"ビデオチャットは転送機能がない"

あるお客様から専門性の高い内容をお問い合わせされた際、始めに応対した相談員(エージェント)が応対しきれないという状況も出てくる場合があります。その場合、より専門性の高い知識を有したスーパーバイザーの相談員(別のエージェント)にお問い合わせのコールを転送して、そのスーパーバイザーの相談員に交代して応対することができます。ビデオチャットにはこういった機能はありません。

~その5~
"ビデオチャットはコンタクト履歴・ログ機能やCRMシステム機能がない"

接客応対された場合、お客様と応対された日時や応対時間、応対したオペレーターなどの接触履歴の情報を記録したりするCRM(顧客関係管理又は顧客維持管理)システムが必要不可欠となります。CRMシステムを用いて顧客属性顧客との接触履歴記録・管理し、それぞれの顧客に応じてきめ細かい対応を行うことで長期的に良好な関係を築いて、顧客満足度(Customer Satisfaction)を向上させる取り組みが必要となるからです。しかしながら、ビデオチャットにはそのような機能はお付きしておりません。


ニューロネット株式会社が新しくリリースした 映像型コンタクトセンター 『Moshi Moshi Interactive』にはCTIシステムに必要とされる、これら全ての機能を全て持っております。

加えて、クラウド上にソフトPBXの仕組みをつくり、ACD機能を実現させたWebACDの国際特許や商標をニューロネット株式会社が取得していることも特筆すべき点となります。他社ではマネできない、ニューロネット株式会社の独自の自社技術がこの顔が見えるコールセンター『Moshi Moshi Interactive』には兼ね備えているのです。



ニューロネット株式会社

【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

Web会議・テレビ会議システム提供の ニューロネット株式会社です。

CEATECH JAPAN 2014にて弊社ニューロネット株式会社
セッション講演の際に使用した関連資料をご紹介いたします。


ホームページをお店に!『「見える」セールスセンター もしもしConcierge』


今後のe-commerceの「販売の在り方」やネットビジネスの「営業の在り方」を大きく変えるビデオコンタクトセンター Moshi Moshi Interactive の技術的優位性やビデオチャットとの違いなど特長的な部分を分かりやすく内容で掲載しております。ぜひ一度お読みください。



ニューロネット株式会社
【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

Web会議・テレビ会議システム提供の ニューロネット株式会社です。

先日CEATECH JAPAN 2014にて弊社ニューロネット株式会社
出展した際に撮影いただきましたPR用宣伝動画をご紹介いたします。

今回のCEATECHブースでは、リリースされたばかりの映像型コンタクトセンター
Moshi Moshi Interactive を中心に出展いたしました。

別名 "顔が見える"コールセンターとも言い換えられる、Moshi Moshi Interactive
CEATECH出展後、多方面の法人様から注目をいただいております。

これからのニューロネット株式会社の活躍に期待してください。





ニューロネット株式会社

【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

CEATECH JAPAN 2014、四日目終了。

昨日に続き、ニューロネットブースはお昼頃から多くのお客様がご来訪され
サービス紹介、デモ実演と慌ただしい時間帯が終演まで続きました。
おかげさまで多くのお客様から「MoshiMoshiInteractive」への関心・興味
いただき、今後の展開が楽しみとなった四日間となりました。
多くのお客様にご来訪いただきまして誠にありがとうございました。

MoshiMoshiInteractive」は9月に米国サンフランシスコで開催された
ベンチャー企業向け最大の展示会「TechCrunch Disrupt SF2014」で
JETROの日本企業ブース内に出展、先行リリースいたしました。
米国でもご好評いただき、着実にその輪が広がりつつあります。

国内向けとしてはこのCEATECH JAPAN 2014 が初お披露目の場となり、
これから精力的に「MoshiMoshiInteractive」の販売展開を図ってまいりますので
国内・国外ともにニューロネット株式会社の活躍にご期待ください。

"顔が見える" ビデオコンタクトセンター 「MoshiMoshiInteractive」はこれからの
オムニチャネルビジネスを展開し、新規顧客を創造・開拓していくうえで、重要な
役割を担う次世代型クラウドコミュニケーションサービスです。

店舗の「販売の在り方」 更には 企業の「営業の在り方」を変えていく日は
そう遠くはないはずです。

ceatech2014_05.jpg

 ニューロネット株式会社



【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

CEATECH JAPAN 2014、三日目終了。


本日は昨日の予想を更に上回るほど、三日間で一番の忙しさとなり、
ニューロネットスタッフ総出・フル稼働で接客応対させていただきました。
交換させていただいた名刺の枚数も一番の記録となり、多くの方々に
ご興味を持っていただき、嬉しい限りでございます。


本日12時より講演しましたニューロネット株式会社代表の前川博文によるセッションでは、

"ホームページをお店に! 『「見える」セールスセンター Moshi Moshi Interactive 』"

というテーマで、映像や資料共有を使った『見える』コミュニケーションを用いることで
顧客と相談員との間で「信頼感」や「安心感」が生まれ、商品やサービスへの「理解度」を
高めていくことができる、といった内容を分かりやすくご紹介させていただきました。


これまでの「見えない」コミュニケーションから得ることが出来なかったものが、
「見える」コミュニケーションを通して手に入れられる、Moshi Moshi Interactive
そのような多くの可能性を秘めた次世代型のオムニチャネルクラウドサービスと
なりえます。今後の広がりが楽しみです。


さて、いよいよ明日は出展最終日。
スタッフ一同、皆様のご来場お待ち申し上げます。

ceatech2014_04.jpg

ニューロネット株式会社



【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

CEATECH JAPAN 2014、二日目終了。


昨日と比較して大学生や海外からのお客様も多く、
どちらのブースも活気に満ち溢れている状況でした。


ニューロネットブースにも事前にお調べになられたお客様達が
ご来訪いただき、「Moshi Moshi Interactive」の実演デモを
驚きながら興味深く見入られるケースが数多くございました。


企業様やお店様のHP(Webページ)を営業窓口化させ、
顧客(お客様)とエージェント(店員・相談員)がリアルタイムな
Face to Faceの双方向コミュニケーションを実現させる
Moshi Moshi Interactive」が、次世代型の新しい
コミュニケーションサービスになる日はそう遠くはないでしょう。


明日(9日)はニューロネット株式会社 代表 前川博文による
セッション講演が12:0012:30に行われます。
最終講演となりますのでお見逃し・お聞き逃しのないよう
ご来訪お待ち申し上げております。


写真はクラウドコンピューティングプラザ出展関係者様
CBA事務局の方々との懇親会の模様。


明日、明後日と更に忙しくなりそうです。

ceatech2014_03.jpg


ニューロネット株式会社

【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

CEATECH JAPAN 2014、一日目終了。


前日の台風一過で展示会日和な心地よい陽気の中、
会場全体、多くのお客様で賑わいを見せておりました。


ニューロネット株式会社のブースにも多くのお客様がご来訪、
サービス説明を熱心にお聞きいただき、嬉しい限りでございます。


セッション講演も2回実施させていただきましたが、
Moshi Moshi Interactiveがもたらすオムニチャネルでの顧客創造、
新たなe-commerceビジネスの在り方についても多くのお客様に
ご理解・ご納得いただけたことでしょう。


次回セッションは10月9日(木)12:0012:30 [C-4]となります。
ご都合よろしい方は是非お立ち寄りください。


明日も10時から開演いたします。
皆様のご来場お待ち申し上げております。

ceatech2014_02.jpg


ニューロネット株式会社


【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

本日は明日(7日)から始まるCEATECH JAPAN 2014の出展準備のため幕張メッセへ。


過去10年間で最大級と呼ばれる台風18号が関東を直撃。
その影響で京葉線の電車内にて4時間半の立ち往生となりオフィスのある
町田からトータル7時間をかけて、なんとか幕張へ到着いたしました。


事前発送していた輸送物やパネルは無事着荷しており、
今回の展示会用で制作した「MoshiMoshiInteractive」のパネルも
初お目見えとなりましたが、なかなか良い出来に仕上がっております。


今年のCEATECHではこの「MoshiMoshiInteractive」を中心に
アピールしてまいりますので是非お立ち寄りください。


また、明日(7日)はニューロネット株式会社 代表前川博文のセッション講演も2ステージございます。
トップバッターで第一回目は10:30~11:00、第二回目は14:30~15:00を予定しております。


セッションテーマは、

ホームページをお店に!『「見える」セールスセンター MoshiMoshiInteractive』


でございます。


こちらの講演もニューロネットブース近くのメインステージで行いますので是非ご来訪ください。


<CEATECH JAPAN2014>
開催場所:幕張メッセ HALL1-6 (千葉市美浜区中瀬2-1)
開催日時:10月7日(火)-10月10日(金) 10:00-17:00
※無料公開日:10月11日(土) 10:00-17:00
※弊社出展期間は7日から10日までとなります。

◎ニューロネット株式会社展示ブースは
ホール4、NEXTイノベーションプラザ内
「クラウドコンピューティングプラザ」
(小間番号4N99)です。



ニューロネット株式会社 紹介ページはこちら

CEATECH JAPAN 2014の詳細ページはこちら


たくさんのお客様のご来場、お待ち申し上げております。


ceatech2014.jpg


ニューロネット株式会社


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち展示会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはビデオコンタクトセンターです。

次のカテゴリは音声コミュニケーターです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。