2010年11月アーカイブ

動作条件・推奨条件一覧

9. 録画時のサーバーディスク使用容量

  • 録画された映像・音声をサーバーディスクに保持。概算容量は下記です。
  • 1分あたり4Mbytes。(送信画質によって変化します。参加人数の影響はあまりありません。)

8. スピーカーフォン

  • 会議室にて複数人でWeb会議に参加される場合にご利用いただくと便利です。
  • OS上で認識して動作するスピーカーフォンであれば、SaasBoardでご利用可能です。
  • 【推奨製品】

7. マイク(動作条件)

  • ヘッドセット推奨(イヤフォーンマイクでも可)。
  • OS上で認識して動作するヘッドセット、イヤフォーンマイクであれば、SaasBoardでご利用可能です。

6. Webカメラ(動作条件)

5. 必要なプラグインソフト(動作条件)

  • Flash Player 11 以上 (11.6以上推奨)
  • Java 8の最新版

インターネットを利用するPCであれば、自動的にインストールされます。 もし、インストールされていない場合、次のサイトからそれぞれダウンロードできます。

4. ブラウザ(動作条件)

  • Internet Explorer 7, 8, 9, 10, 11(最新版を推奨)
  • Firefox 3.6 以上(最新版を推奨)
  • Opera 10 以上(最新版を推奨)
  • Safari 4 以上(最新版を推奨)
  • ※Google Chromeは推奨しません
多くの方に利用されているWebブラウザが動作するOSであれば、特に選びません。
以下のOSで動作します。

  • Windows XP, Vista, 7, 8
  • MacOS 10.6 (Snow Leopard) 以降

(ただしLinuxはFlash,Javaプラグインの導入やカメラ,マイクの設定がディストリビューションやPC環境に大きく依存しますので,サポート対象外とさせていただきます.)

[Q-1] サーバに接続できない

[A-1]
接続のために必要なポートが開放されていない可能性があります.

以下のポート番号のうち1つでも開放されていればSaasBoardサーバと接続できます.ポートの開放については御社のネットワーク管理者の方にご相談ください.

  • 1935番ポート
  • 443番ポート
  • 80番ポート

ただし,プロキシサーバを介した接続で80番ポートのみ開放されている場合,プロキシサーバに次のような設定があると通信することができません.

(a) Keep-alive 接続オプションが無効である

→解決方法:プロキシサーバのKeep-alive 接続オプションを有効にしてください.

(b) MIMEタイプによってフィルタリングされている

→解決方法:SaasBoard映像音声通信のためのMIMEタイプ application/x-fcs を有効なMIMEタイプとしてプロキシサーバに追加してください.

Webボードの動画・音楽対応状況

一度にアップロードできるファイルサイズの上限は50MBですので,サイズの大きい動画などは適宜圧縮してアップロードしてください.

以下のメディアのファイルは,SaasBoardにアップロードした場合,ページ上にプレイヤーが表示されて,再生することができます.

  • 音楽
    • MP3 (.mp3)
    • WMA (.wma) ただしLossless圧縮形式を除く
    • AAC (.aac)
    • MP2 (.mp2)
    • PCM (.wav)
    • AIFF (.aif)
  • 動画
    • MPEG1 (.mpg)
    • MPEG2 (.mpg)
    • MPEG4 (.mp4)
    • DivX (.divx)
    • AVI (.avi)
    • WMV (.wmv)
    • MOV (.mov)

WebボードのOS別情報

MacOSX

  • エディタのフォント機能はWindows向けに設定されているため,MacOSXでは期待通りに表示されない場合があります.

Webボードのブラウザ別情報

Opera

  • 初期設定のままではページをズームアウトした際に途中で文字が縮小しなくなります.文字をより縮小表示させたい場合は,環境設定->詳細設定->フォント->最小フォントサイズを1にしてください.
  • Operaでは,コンテキストメニューの開き方は他のブラウザと比べて特殊で,Ctrlキー(MacOSではコマンドキー)+左クリック操作です.詳しくはWebボードマニュアル内の解説をご覧ください.
[A-2] できます。
Webボードのページ編集メニューにある「ドキュメントダウンロード」のボタンをクリックしてご自分のPCに保存後、ドキュメントの印刷機能を使用して印刷してください。
[A-1]  できます。
Webボードのページ編集メニューにある「ドキュメントダウンロード」のボタンをクリックしてご自分のPCに保存してください。

[A-8]  お支払いが銀行振込みの場合、可能です。
追加IDを 弊社お申込みフォーム からお申し込みの際、「備考・お問い合わせ」欄にその旨を記載ください。

クレジットカード払いの場合は、1本にまとめることはできません。追加IDのお申込みの都度、お手続きください。

[Q-7] IDを追加する事は出来ますか?

[A-7] はい、可能です。
弊社お申込みフォームからお申込みください。
[A-6] Collabo/Roomコースのご契約は1年(12か月)単位でお願いしております。3ヶ月単位のご契約もございます。
詳細はこちらをご覧ください。

[A-4]
Personalコース
・月単位で御利用いただくことが可能です。ご利用をおやめになる場合は、停止申請を送信いただき、さらにお客様ご自身でPaypal払いをご解約いただけば、Paypal払いのご解約翌月で御利用終了となります。

Collabo/Roomコース
年契約となっています。
1ヶ月でおやめになる事は可能ですが、1年間から利用月数を差し引いた残月分のお支払をお願いする事になります。その残月分のお支払が完了した時点で、解約成立となります。
[A-3] SaasBoardのお支払い方法は、下記の2通りを御用意しております。

Personalコース
  • クレジットカード払いのみのお支払いとなります。
  • 全世界で利用されているPay Palで、安全にお支払いいただけます。こちらもご参照ください。

Collaboコース/Roomコース
  • 銀行振込によるお支払となります。
  • SaasBoardをお申し込み後お支払に関するメールが届きます。
  • 口座振替のご案内もしておりますので、ご利用ください。

ご都合に合わせて、お選びください。

[A-2] お支払は、お申し込みなさった代表の方の一括支払となります。
お申込み人数が10名未満ですと、クレジットカード払いとなります。
10名以上ですと、クレジットカード払い、もしくは銀行振込となります。
[A-1] はい、出来ます。
弊社お申込みフォームからお申込みください。追加するID数でお申込みいただき 「備考・お問い合わせ」の項に利用される方全員のmailアドレスをご記入ください。

[A-4]

SaasBoard/Collaboは個人ID型で、個々人がIDを持ち会議参加します。

これに対して、SaasBoard/Roomは、会議室型で会議室単位の契約です。会議参加者は、ID不要で支払いも発生しません。(下記価格は2017年1月現在のものです)


SaasBoard/Collabo
  • 初期費無料で、一人当たり月額2,980円(税抜、固定)です。
    10名(10拠点)で会議をおこなう場合は
    ・2,980円/月 * 10名(拠点) = 29,800円/月
    の費用が掛かります。
SaasBoard/Room
  • 個々人がIDを所有せず、公開セミナーなど、その時々で会議に参加する人が違ってくる場合、 メールアドレスで参加者を招待できるRoomが適しています。
    SaasBoard/Roomは、会議室の収容人数で区分された、Room6/Room9/Room18/Room36/Room50/Room100の6コースあります。
    10数名(10数拠点)で会議を行う場合、Room9もしくはRoom18が適しています。
    ・Room9の場合:  27,000円/月(税抜、最大9名もしくは9拠点)
    ・Room18の場合: 58,000円/月(税抜、最大18名もしくは18拠点)
    の費用が掛かります。

[A-3]
個人ID型(SaasBoard/Collabo)が良いか,会議室型(SaasBoard/Room)が良いかは,運用をどのようにするかで変わってきます.

個々人が頻繁にいつでも・どこでも・誰とでも交流を行いたい場合は,個人ID型が適しています.

一方,セミナーやトレーニング,あるいは会議の参加者の面々がいつも違った人たちとなる場合は会議室型が,延べ人数的に多数の人が利用出来て良いでしょう.

SaasBoardはどちらの型もご用意しております.

  個人ID型 → SaasBoard/Collabo

  会議室型 → SaasBoard/Room

[A-2]
Flashプレイヤーのバグにより,マウスでクリックしてもダイアログ上の「許可」や「閉じる」ボタンを押す事ができない場合があります.

その場合は,いったんページを閉じてから,「Webサイトのプライバシー設定パネル」を開いてください.(図7)のような設定パネルが表示されますので,利用したいsaasboardサイトについて選択し,「常に許可」にチェックをつけてください.


(図7) 「Webサイトのプライバシー設定パネル」
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager06.html

[A-1]

ブラウザやプラグインのバージョンが古い可能性があります.

トップページ(http://saasboard.jp/)の「セルフチェックテスト」を実行し,SaasBoardが動作する環境であるかを確認してください.

「セルフチェックテスト」の指示に従っても動作しない場合は,ご利用のブラウザを最新版へアップデートしてください.

[A-1-1]
自分のカメラの設定が正しくない場合が考えられます.

Webカメラ付属のアプリケーションソフト(AM-Cap等)でカメラの動作が正常か確認してください.

確認終了後,必ずアプリケーションソフトは終了してください.SaasBoard以外のWebカメラを利用するアプリケーションソフトが動作したままでは,Webカメラをそのアプリケーションソフトが専有するためSaasBoardが動作しません.


[A-1-2]
Webカメラを利用するアプリケーションソフト(Skype,iChat,AM-Cap等)が動作中ではありませんか?

SaasBoard以外のWebカメラを利用するアプリケーションソフトが動作したままでは,Webカメラをそのアプリケーションソフトが専有するためSaasBoardが動作しません.必ずアプリケーションソフトは終了してください


[A-1-3]
自分のWebカメラがFlash上で正しく設定されていない場合が考えられます.

会議映像画面上部に「カメラ」という表示があり(図1),その右側にプルダウンメニューがあります.プルダウンメニューの下向き矢印をクリックすると、現在使用できるカメラの一覧が表示されます.(図2).その表示の中から利用するカメラを選択します.

カメラ小設定01.png

(図1)

カメラ設定小02.png

(図2)

リストの中に1つしかカメラが表示されない場合は,上の[A1][A2]をお試しください.


[A-1-4]
自分のカメラへの接続がFlash上で許可されていない場合が考えられます.

自分のFlashの会議画面を右クリックして,「設定...」を選択してください(図3).すると,「Adobe Flash Player設定」画面が開きます.ここでディスプレイと目の絵が描かれたアイコンを選ぶと「プライバシー」設定が開きます(図4).

settling_menu.pngのサムネール画像

(図3)


(図4)

SaasBoardがカメラおよびマイクへアクセスできるようにするため,「許可」のほうにチェックを入れてから「閉じる」を押してください.

なお,Flashプレイヤーのバグにより,マウスでクリックしても「許可」や「閉じる」ボタンを押す事ができない場合があります.その場合はこちらの回答をご参照ください.


[A-1-5]
ブラウザが正しく動作していない場合が考えられます.

上の[A-1-1]から[A-1-4]までを試しても映像が出ない場合はブラウザを一旦終了し,再び起動してからカメラの動作についてもう一度ご確認ください.

[A]
その音声を話している人のマイク感度が高(低)過ぎる事が考えられます.以下のような方法で調整可能です.

(1) SaasBoardコンファレンス画面の左上に「マイク音量」があります.デフォルトは中間位置(50)です.その音声を話している人の音声が,割れたり 歪んだりしている場合,音量を20~30程度に,逆に小さくて聞きとりにくい場合,70~80程度に調整します.

(2) Windowsのマイク感度を調整する方法もあります.「[Q-2] 相手の音声が聞こえない」 の項目の指示に従ってご調整ください.

[A]
ハウリングはスピーカーからの音声をマイクが拾い送信され,その音声が再びスピーカーから出力される動作が,何度も繰り返された結果発生するものです.以下のような対処方法で解決してください.

(1) 全員がイヤホンかヘッドセットをつける.こうすることで,マイクが拾った音声がスピーカーから出力されませんので,ハウリングが解消されます.

(2) 会議オーナー(参加メンバーの権限に#が付いている方)は,相手の音声を強制的に切断する事ができます.どなたかが会議に参加した瞬間にハウリングを起こ した場合は,その方のマイク感度が高すぎる設定になっている事が考えられます.まず,その方の音声を一時的に切断してハウリングを抑えましょう.その後, その方のマイクボリュームの調整([Q-2] 相手の音声が聞こえない のマイクボリューム設定の説明参照)を行なってください.

(3) ハウリングを起こしている人を特定するために,まず,全員音声をOFFしてみます.コンファレンス画面の「音声送信」チェックボックスのチェックを外しま す.その後,一人一人音声をON(音声チェックボックスにチェックを入れる)して,ハウリングを起こしている人を特定します.その方のマイク感度を適正に 調整して解決してください.

(4)操作パネル部にある「ハウリング抑制」(図1)のつまみを50か100に合わせてください.

Hauling_controll_panell.png







(図1)

[A]
自分の音声にエコーがかかって聞こえる,もしくは数秒遅れてこだまのように聞こえるの場合が有ります.

これは,通信回線の問題などいろいろな原因が考えられます.自分もしくは相手全員がイヤホンかヘッドホンをして,スピーカーから出てくる音声をマイクが拾 わないようにすれば解消する場合が有ります.Web会議の際には必ず全員がイヤホンかヘッドホンをするようにしましょう.


また,操作パネル部にある「ハウリング抑制」(図1)のつまみを50か100に合わせてください.

Hauling_controll_panell.png







(図1)

[A-2-1]
相手のマイクボリュームの設定が正しくない場合が考えられます.

相手のマイクボリュームを正しく設定してください.

→ Windows XPのマイク感度設定方法

→ Windows Vistaのマイク感度設定方法

→  Windows 7, 8.1のマイク感度設定方法


[A-2-2]
自分のスピーカーボリュームが正しく設定されていない場合が考えられます.

自分のスピーカーボリュームを正しく設定してください.

→ Windows XPのスピーカーボリュームの設定方法

→ Windows Vistaのスピーカーボリュームの設定方法

→  Windows 7, 8.1のスピーカーボリュームの設定方法


[A-2-3]

自分のマイクがFlash上で正しく設定されていない場合が考えられます.

会議室入室後、映像画面上部に「マイク」という表示があり(図1),その右側にプルダウンメニューがあります.プルダウンメニューの下向き矢印をクリックすると、現在使用できるマイクの一覧が表示されます.(図2).その表示の中から利用するマイクを選択します.

mic_setting_11.pngのサムネール画像
(図1)

mic_setting.pngのサムネール画像
(図2)



[A-1-1]
自分のマイクボリュームの設定が正しくない場合が考えられます.

自分のマイクボリュームを正しく設定してください.

→ Windows XPのマイク感度設定方法

→ Windows Vistaのマイク感度設定方法

→ Windows 7,8.1のマイク感度設定方法

[A-1-2]
相手のスピーカーボリュームが正しく設定されていない場合が考えられます.

相手のスピーカーボリュームを正しく設定してください.

→ Windows XPのスピーカーボリュームの設定方法

→ Windows Vistaのスピーカーボリュームの設定方法

→ Windows 7, 8.1のスピーカーボリューム設定方法


[A-1-3]

自分のマイクがFlash上で正しく設定されていない場合が考えられます.

会議室入室後、映像画面上部に「マイク」という表示があり(図1),その右側にプルダウンメニューがあります.プルダウンメニューの下向き矢印をクリックすると、現在使用できるマイクの一覧が表示されます.(図2).その表示の中から利用するマイクを選択します.

mic_setting_11.png
(図1)


mic_setting.png

(図2)

[A-1-4]
自分のマイクへの接続がFlash上で許可されていない場合が考えられます.

自分のFlashの会議画面を右クリックして,「設定...」を選択してください(図3).すると,「Adobe Flash Player設定」画面が開きます.ここでディスプレイと目の絵が描かれたアイコンを選ぶと「プライバシー」設定が開きます(図4).

settling_menu.png

(図3)


(図4)

SaasBoardがカメラおよびマイクへアクセスできるようにするため,「許可」のほうにチェックを入れてから「閉じる」を押してください.

なお,Flashプレイヤーのバグにより,マウスでクリックしても「許可」や「閉じる」ボタンを押す事ができない場合があります.その場合はこちらの回答をご参照ください.


[A-1-5]
ブラウザが正しく動作していない場合が考えられます.

上の[A-1-1]から[A-1-4]までを試しても音声が出ない場合はブラウザを一旦終了し,再び起動してからマイクの動作についてもう一度ご確認ください.

  • ネットワーク環境:実効速度 (上り)500kbps以上、(下り)1,000kbps以上。
  画面共有使用時は実効速度  (上り)2,000kbps、(下り)3,000kbps。

  • 使用ポート: 以下のいずれかのポートが開放されていればご利用できます。
    • 1935番
    • 443番
    • 80番(http)
 通常、Webページを閲覧できる環境であればご利用できます。
  • CPU:Core2Duo 1.8GHz以上。
    • ネットブック[CPU:Atom]は動作しますが推奨外です。
  • メモリ:2GB以上推奨。
  • ディスク:使用しません。