Adobe社Flashのバグについて

InternetExplorerをご利用の方の一部からWebボードのテキスト入力ツールで入力した文字が化ける問題が報告されております。問題の発生条件と解決方法についてご連絡します。

【問題の内容】
Adobe社Flashプラグインのバグにより、「Webボード」の「テキスト入力ツール」で入力された日本語が文字化けする。また、その ようにして文字化けした文字の入力された「Webボード」の内容を表示することができない場合がある。

【問題の発生条件】
- Internet Explorer(7,8,9,10いずれも)のユーザであり、かつ2013/9/11から9/13までAdobe社から提供されていたFlash version 11.8.800.168 をインストールしているユーザ
- あるいは、Windows8とIE10のユーザであり2013/9/11のWindowsUpdate(KB2880289)を適用することによって、Flash が version 11.8.800.168 となったユーザ

【対処方法】
ご利用中のOSがWindows8以外のユーザは、Flashのダウンロードサイトから最新版のFlashをインストールしてください。http://get.adobe.com/jp/flashplayer/ 問題の修正されたFlash(11.8.800.174)が すでに提供されています。

Windows8のユーザは上記インストールによる修正は行えません。Windows8では、Microsoft社のWindowsUpdate経由でFlashの修正バージョンが自動的に配布される予定です。Adobe社のアナウンスによると可能な限り早くリリースできるよう調整しているとのこと です。
→ 10/7追記: Windows8版のバグ修正済みFlashが提供されました。WindowsUpdateを実施すれば、自動的に問題修正されます。